フェイスラインのエラ張りと整形について

フェイスラインは第一印象の要因の一つである大切なパーツです。
誰もが小顔でシャープなフェイスラインに憧れてしまいます。
顔の形は、主に丸顔や面長、ベース型などがあります。
この中で顔が大きく見られがちなのがベース型です。フェイスラインが張っていることで、実際はそんなに大きくなくても大きく見えてしまったり、強い印象に見られてしまいます。
この張りは、骨格によるものと筋肉の発達による二種類があります。
どちらも改善方法はさまざまあり、自分でできるものからプロの方に施術してもらう方法があります。自分でできるものは、手軽に誰でも挑戦できます。
プロによる施術方法は、骨格矯正や整形などがあります。
費用は多少かかりますが、即効性や大きな変化、効果を期待できます。

骨格によるエラ張りについて

骨格によるものは、主に生まれつきによるものです。その為、改善方法は骨格矯正と整形などがあります。生まれつきによるものは、骨がしっかりしているため咀嚼力が比較的強く、顎の筋肉が発達しやすい傾向にあります。このような方は首や顎のズレや歪みによって、さらに発達を促してしまう可能性があるので気をつけましょう。
ズレや歪みを感じる方にオススメなのが、骨格矯正です。
骨格を矯正することによって歪みによる余計な圧がかかるのを緩和してくれる効果があります。
さらに、元の正しい骨格に矯正することで小顔効果も期待できます。
ネット上で自分でできる骨格矯正などがありますが、自分自身の骨格をしっかり把握して正しいやり方で矯正しないと、余計にズレや歪みが生じ、さらにエラが張ってしまう原因にもなりかねません。
そのため、プロによる施術をしてもらいましょう。
次に、整形による悩み改善法です。
方法は主に、骨切り・骨削りです。この施術方法により劇的にフェイスラインを変えることができます。小顔効果やキレイなVラインのフェイスラインを手に入れることができます。

筋肉の発達によるエラ張りについて

筋肉の発達によるものは、手で触ってみると骨ではなく筋肉が付いています。
筋肉ですので、余計な圧や力を入れたりすると大きく発達してしまう原因になります。
そのため、食いしばりや歯ぎしりはなるべくしないように気をつけましょう。
しかし、食いしばりや歯ぎしりはストレスによるものや就寝中に無意識にやってしまいがちです。
なるべくストレスを溜めないようにし、就寝中はマウスピースを装着し、筋肉発達を予防しましょう。他にもマッサージでコリをほぐしてあげたり、力みを緩和させてあげることが大切です。
毎日コツコツ積み上げていくことで効果が期待出来ます。
就寝中に食いしばりや歯ぎしりをしてしまう方は癖になっている可能性があるので、力を抜くように意識していくことで、次第に力まなくなります。
筋肉の発達を抑制することで、悩みを解消することができます。
次は小顔注射です。こちらは骨を削ったり切開することなく小顔効果が期待できます。
骨を削る施術方法より比較的安価でお手軽に施術を受けることができます。
カウンセリングをしっかり受け、信頼できる病院での施術を心がけましょう。