ゴツゴツした顔が嫌ならエラ整形を受けて小さくしましょう

顔が角ばっていて、ゴツゴツしているため、大きく見える人は美容外科で整形手術を受けて、余分なエラを取り除くと良いでしょう。奥歯の歯茎の下の部分をメスで切開するので、顔の外側に傷が残る心配はありません。出っ張った骨と、余分な筋肉を整形手術でなくしてしまえば、驚くほど簡単にシャープな顔に生まれ変わるので、鏡を見るのが楽しくなるでしょう。ゴツゴツした印象がなくなり、優しい顔立ちになりますし、半永久的に効果が続くので、小顔の状態をいつまでもキープ出来ます。ボトックス注射を受けることでも、小顔に見せる効果はありますが、半年~1年ほどしか効果が続かないので、定期的に薬剤を注入しないと、また元に戻ってしまいます。手術を受ければ戻ることはないので、何度も通院したくない方におすすめです。

手術の痛みは麻酔で抑えられます

美容外科でエラや余分な筋肉を削り取る手術を受けると、かなりの痛みがありそうなので怖いと感じる方もあるでしょうが、手術中は全身麻酔をしているので、何も感じることはありません。3日~4日は入院しなければなりませんし、2週間~4週間は腫れや痛みが続くことがありますが、じきに治まるので安心するようにしてください。手術にかかる時間は2時間ほどですが、麻酔を受ければ意識がなくなるので、気付いたときには終わっています。腫れや痛みが治まるまでは時間がかかりますが、信頼できる美容外科で手術を受けていれば、きちんと対処してくれるので、怖がる必要はないでしょう。手術により出っ張った骨がなくなると、顔が小さくなるので、全身のバランスが良くなり、自分に自信が持てるようになります。

アフターケアが万全な美容外科を選びましょう

熟練の医師に任せれば、エラを削り取る整形手術を受けても失敗のリスクが少ないですが、いざというときのことを考えて、アフターケアが整っている美容外科を選ぶことが大切です。そうしないとダウンタイムが長引いたときに対処してもらえないので、困ることになるでしょう。アフターケアが万全な美容外科で手術を受けていれば、腫れや痛みが続く場合に治療してくれるので、深刻な状態になるのを防げます。また技術の低い医師が手術を行うと、神経を傷つけて、顔に麻痺や痺れがいつまでも残ることがあるので、このようなリスクがあることも検討したうえで手術を受けるようにしてください。人によっては骨ではなく、筋肉が発達して、顔が大きく見える人もいるので、その場合は手術を受けるよりもボトックス注射が向いています。