メスを使う方法と使わない方法があるエラ整形

エラがチャームポイントのタレントさんも結構いますが、本人が気に入ってるか気にしてるかはわかりませんが、とても個性的でチャーミングに見えます。しかし、それがあんまりにもがっちりしてると、少々顔が大きく見えてしまうということはあるかもしれません。それで、エラを整形したいと思い始めてる方もいるでしょう。現在では、効果は永久的ではないですがメスを使わないで顔型を変えられる方法があります。このメスを使わない方法は、効果が永久に続くことを期待するものではありません。それに対して、従来のメスを使う方法もあります。こちらは骨を削りますので、元には戻りません。そして、顔の印象も大きく変えることができます。このメスを使う整形の前に、メスを使わない方法を試してみても良いでしょう。ではそれぞれを詳しく説明していきます。

数分でできるエラに注射をする方法

メスを使う手術を希望していても、メスを使わない方法を一度は試してみたいのではないでしょうか。それで気に入ればそれでいいと思う方もいるかもしれません。この方法は細い針で注射をするだけですので、あっという間に終わります。この注射で、注射を打った周囲の筋肉の動きを和らげますので、フェイスラインが柔らかい感じになります。痛みは我慢できる程度だと言われますが、希望により、麻酔を用意できます。効果は個人差や、クリニックで使う薬剤によって違ってきますが、約3ヶ月から半年ぐらい継続します。その頃に、また注射を打ちに行けばお気に入りのフェイスラインを維持できるでしょう。施術後に通院の必要もないですし、当日から、メイクも、入浴も可能です。さらに、激しいスポーツも当日から可能ですので、この施術によって、日常生活に大きく差し障りがあるということはほとんどないでしょう。会社帰りに生物を受け、翌日から普通に仕事をすることも可能です。両側の注射を1万円くらいで受けることが可能なクリニックもあり、ボトックス療法といわれますが、お財布にやさしい方法だといえます。

骨を削ってフェイスラインを永久的に変える方法

メスを使う方法は骨を削りますので、フェイスラインを根本的に変えることができます。希望によって、大きく印象を変えることも可能です。こちらは、大抵全身麻酔で行いますので、手術中は意識がありませんので、痛みや恐怖に悩まされることはありません。ただし、麻酔を使って骨を削る手術なので、数日間の入院が必要なります。手術時間そのものは、2時間ぐらいになることが多いです。また、手術後4週間くらいまでの間に、腫れが出ると思っておきましょう。ですから、しばらく仕事や学校をしばらく休める方におすすめです。ただし、手術は口の中から行われますので、気になる傷口は残りません。こちらは全身麻酔を使う手術ですので、費用もそれなりに覚悟しなければいけません。しかし、美しいフェイスラインを永久に手に入れることができます。